具体的にイメージしよう|専業主婦に嬉しい家を造りたいなら工務店に頼もう

専業主婦に嬉しい家を造りたいなら工務店に頼もう

積木

具体的にイメージしよう

部屋

収納と家具を考える

戸建て住宅を購入したとしても、内覧したそのままの状態で暮らすわけではありません。生活するためには家具や生活家電を配置して暮らすことになります。そのため南海の戸建てを内覧する時には、どのような家具を設置したいのかイメージして選ぶことも大切です。南海で家具の配置を考える時に関わってくるのが、収納スペースの問題です。クローゼットなどの収納スペースが数も広さも十分であれば、収納の家具は最小限ですみます。逆に南海の戸建てで収納スペースが狭ければ、家の中のスペースで収納家具が占める割合が多くなるので注意しましょう。また手持ちの大きな机や収納棚を持って引っ越したい場合には、あらかじめサイズを測って内覧に行って、見学しながら家の中のサイズを測って家具を配置した時のイメージをすることも大切です。

動線を考えて選ぼう

家具をおいていない状態で内覧した戸建て住宅で動きやすいと感じても、実際に家具を配置して生活を始めると、家事をするための動線が悪いと感じることもあります。そのようなことを防ぐために、実際に生活する時の動線まで踏まえて物件を選ぶことが大切です。動線としてイメージしやすいのが、毎日の家事です。例えば洗面所で洗濯をして、干すのは2階のベランダだとします。洗濯かごをもって洗面所から2階のベランダまで行きやすいか考えてみましょう。また朝出かける時間が同じ家族がいる場合には、家族の中でトイレの順番待ちが出ることもあります。そこでトイレは1階と2階にあるのか、南海で朝の支度がしやすい家なのかという点まで踏まえて物件を選ぶことも大切です。